FC2ブログ

夜はまったり 朝はすっきり

自分のバイク(MF08 Forza Z ABS)と、VAIO Fシリーズ クリエイティブエディションのお話
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PocketMapple7とBT-359の組み合わせの使用感

PocketMapple7&BT-359でのGPS操作の感想です。

es + bluetoothドングル + BT-359の接続が確保され、PocketMapple7のSP1も提供されたので、ようやくesによるGPS環境が整いました。

私自身、カーナビも含めて初めてのGPSなので、なにぶん勝手が判りませんヽ(;´Д`)ノ

PocketMappleでGPS取得にしてみると、なるほど!自宅の位置を捕捉しました。ちと感動。
が、しかし。なんか家の近所をちょこちょこと移動します。また、向きもくるくるとぜんぜん落ち着いてくれません。

※ネットで調べた限り、一言でいうとGPSとはそういうものらしい。ビルで衛星の電波が反射し、それをまた拾ってしまうので、都市部では特にそうなりやすい、らしい。

余談ですが、BT-359は、さすがに私の部屋の中では、衛星を拾ってくれません^^;窓際に本体を置いてようやく拾ってくれました。付属のGPSInfoの情報では、4,5個は捕捉している模様。

さらに次の日、自転車のカゴにBT-359を置き、片手にesを持って走行してみる。
※ちなみに日本橋~秋葉原まで

せっかくなので、PocketMappleのヘッドアップ機能を使用している。しかし、例のくるくる現象の影響を受け、とてもじゃないが、視認できるようなモノではないです。仕方なく、NUP(ノースアップ:地図の上方を北に固定)して使用。これでなんとかテストできる状態にはなった。
※しかし、これだと東西はともかく、南に向かっている時は、正直つらい

交差点などで停止すると、くるくるしつつ、さらにうろちょろされます。どうも停止中は使い物にならない。自転車の速度がのってくると、それなりに道を追従してくれますが。

しかし、ヨドバシアキバなど、店内にはいると、ロスト。それはいいのですが、店を出てからの再補足がイマイチ。しかたないのでPocketMappleのメニューからGPS捕捉を再度やりなおし。

うむむ。実感としては、移動しながらでは、実用としては使えないかも、というのが正直な感じ。どうしようw

さらに次の日。

今度は、東京駅から山の手線で大塚まで行く用事があったので、これも早速テスト。

椅子に座れたので、膝にBT-359を置き、手にesを持って検証~ 衛星を拾えている限りは、電車の速度では、結構快適にヘッドアップしながらのナビが可能!これは結構楽しい! 日暮里など複数のホームがあるような駅でも、地図上でそのホームにナビゲートされます。


nippo



しかし、秋葉原や上野の様に、複数階層の駅に入ると、衛星をロストする。そうすると、駅を発車しても再捕捉するまでに時間がかかる。例えば、秋葉原でロストして、次に捕捉した時にはもう仲御徒町に着いていた、という感じです。
また、駅についてロストしなくても、やはりくるくる、うろちょろ。

課題として、やはりこのくるくる、うろちょろをなんとかせねばな。




スポンサーサイト
W-ZERO3 [es] | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<USBくるくるコネクタ & 切ってみました | ホーム | Bluetoothドングルの人柱>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。