FC2ブログ

夜はまったり 朝はすっきり

自分のバイク(MF08 Forza Z ABS)と、VAIO Fシリーズ クリエイティブエディションのお話
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

NW-X1000シリーズ発表(NW-X1060)

ソニーのメルマガで、例の有機ELディスプレイ搭載の新型ウォークマンの発表を知り、銀座のソニービルまで、実物を見に行きました。

2009041601

ファイナルファンタジーのイベントが開催されているようで、入るとすぐにFF7でおなじみ神羅ビルの巨大なジオラマが展示されていました。

#前回来た時には、007の新作映画とのコラボでしたが

2009041602

早速、NW-X1060が先行展示されている階へ行くと、行列が・・・
展示二日目の18時過ぎだったのですが、仕事帰りのサラリーマン(自分含む)の方々が多いようです。

WILLCOM 03のタッチアンドトライイベントを思い出しました^^;

2009041603

行列に並んでいると、案内のお姉さんからパンフを渡されました。

ソニーのサイトの製品ページで、PDFで公開されているものと同じでした。

私「アイスブラックも展示されているんですか?」
お姉さん「申し訳ありません。黒・赤のモデルのみの展示となります・・・」

ううう、残念! 購入検討するにも、実物を見たかったのですが。

2009041604

私が見に行った時は、4台展示されていました。
触れたのは、赤。

画面は、最近携帯で流行のタッチタイプで、アドエスの様に「ぷにぷに」感がなく、非常に硬質な感触でグッド!段差もなく「Home」ボタン以外フラットです。

ただし!やはり! 指紋が目立ちます。不特定多数の人間が、次々と触った後なので、特に目立ちます。
裏面も鏡面仕上げなので、特にですね。この辺りは、タッチ型製品の宿命と割り切るべきかもですね。

ヘッドホンのジャック形状ですが、NW-A829の鍵穴みたいなスリットがあるものとは、異なりました。
長さまでは比較できなかったのですが、見かけは通常のステレオジャック。

引っこ抜くと、5極くらい細かな接点に分かれていました。

恐らくこちらでワンセグのアンテナ線と、ノイズキャンセルの集音マイク分の信号線を稼いでいるものと推測されます。

お姉さんに確認し忘れたのですが、恐らくワンセグアンテナ用のケーブルをつけなくとも、直接専用ヘッドホンを本体へ接続して問題ないと思います。
#その場合、ワンセグはほとんど表示されないようです

2009041605

本体側面の処理ですが、公式発表の通り、鉱物のざらざら感を出した感じとなっています。

本体の厚みですが、結構あります。けれど、アドエスと比べて「うっ」とくる厚さではないですが。
本体のみでこの厚さなので、カバーを付けるとさらに厚み感が増してしまいそうです・・・

NW-A829も、相当に薄いのですが、専用牛革カバーを付けると、それがスポイルされて厚くなってしまったので、NW-X1060にカバーをつけた際がどうなるか、検討材料ではありますが。

重量感ですが、やはりNW-A829と比較しても、重いです。

2009041606

自分のNW-A829と並べてみました。

横幅は同じ位に感じます。画面サイズも、4:3から16:9へ変更されましたが、横幅は同じでそのままワイド化された様になります。

厚さ・重さ・長さは違いますが、実物で比較する限り、さほど違和感なく使用できそうですね。

2009041607

こちらが操作ボタン&Holdスイッチです。

キーレスにせずに、ボタンを残したのは良い選択です。また、本体上面に配置したことで、画面を見ないで、ポケットやバッグに入れたまま、更にカバーをつけたまま操作が可能です。
NW-A829の場合、牛革カバーをつけていると、操作するのにいちいちカバーを開く必要があるので、これは、ストレスレスに繋がると思います。

#こういう操作ストレスは、実用して初めて実感できるので、実は非常に重要なんですよね

Holdスイッチですが、この半円の部分全体をスライドさせて使います。

表面の「Home」ボタンとちょうど表裏一体のデザインになってるんですね。Cool!

Bluetoothについて、お姉さんへ質問すると、NW-X1060は、従来製品通り、WM-Portを持っているので、別売のBluetoothトランスミッタが使えるはず、との回答でした。

また、SONYのブルーレイレコーダ(BDZ-X95)から、「おでかけ転送」した際に、16:9の映像ソースがそのまま表示されるかが、地味に気になってました。
結果から言うと、OKそうです。

展示されていたNW-X1060に保存されていたビデオに、TBSの世界遺産の録画があったので、お姉さんに「これは、SONYのブルーレイレコーダからのお出かけ転送のビデオですか?」と聞いたら、「そうです」との事。

それが、16:9の比率で画面フルで表示されていたのでOKかな?と。

後、肝心の有機ELの体感ですが・・・正直分かりませんでした(爆)

展示品に保存されていた、画像や映像ソースを見る限りでは、明らかに「すげー!!」ってならなかったんですよね^^; これは個人差なので、余り参考にはしないでください。

更に、画面が指紋でテカテカの上、天井から強い照明を当てられていた事もあるので・・・

いずれにせよ、ものすごく物欲を刺激される製品なのは、間違いないですね。
すごく欲しいですっ!!

独身だったら、即ソニスタでアイスブラックを予約してましたよ、ハイ。
嫁に相談したら、「NW-A829があるのに必要?なんでいるの?」と言われ(以下略)

アイスブラックの実物を見れなかったのは、残念です。
私は、黒・赤の加工は、余り好きになれなかったのもあり、よりソリッドな感じなアイスブラックが好みです!

こちらも、個人個人の趣向によるので、ぜひ実物を見て欲しいですね!!

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<VAIO Fシリーズ (VPCF11AGJ) 買います | ホーム | 新型ウォークマン NWZ-X1000 有機ELタッチスクリーン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。