夜はまったり 朝はすっきり

自分のバイク(MF08 Forza Z ABS)と、VAIO Fシリーズ クリエイティブエディションのお話
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

VAIO Fシリーズ net.USBによるGiga Pocket Digitalの録画環境(その後)

Giga Pocket Digitalの録画先をnet.USBで接続したHDDにするという環境をしばらく続けていますが、安定してきました。
・事前準備
net.USB上のHDDが正常に接続できる事を確認する。
net.USB起動時にHDDが自動的に接続されるように設定しておく。
有線LANでも、net.USBの親機(ウチでは、HDLP-G)に接続できるようネットワーク設定をしておく。
Giga Pocket Digitalに、録画する番組の予約を入れる。
Windows7のタスクマネージャに、下記3つのタスクを設定しておく。
net.USBのプログラムの起動 ※予約した番組開始の10分前
Giga Pocket Digital(VFTV.exe)の起動 ※予約した番組開始の5分前
Windows7をスリープ状態にするプログラムの起動 ※予約した番組終了の5分後

事前準備のキモですが、タスクマネージャにnet.USBを先に起動させた後に、Giga Pocket Digitalを起動させる点です。Giga Pocket Digitalが起動した時に、確実にnet.USB上のHDDが認識されていないと、録画先が見つからずに失敗したり、Cドライブに録画されたりするケースがあるからです。

Giga Pocket Digitalは、録画開始時間になると録画を開始するのですが、起動したままの状態を続けていると、たまに時間になっても録画を開始しないケースが発生したため、これを回避する意味もあります。
(なお、このケースが発生した場合、手動でGiga Pocket Digitalを起動すると、起動した直後から録画を
開始し始めます・・・)

繰り返しますが、Giga Pocket Digitalを停止させておき、タスクで起動させるのは、net.USBのドライブの認識と、録画安定性の2点が目的となります。

スリープのタスクについては、録画完了後にスリープにならないケースが多いからです。録画後に安定してスリープ状態へ移行するのであれば、不要ですね。

有線LANを使うのは、ウチの環境では、やはり無線LANでの接続だと帯域が不足気味だからです。
※再生時においても、無線LANだとコマ落ちしたり、音声途切れが発生する事がありますね。

・録画前の準備
Giga Pocket Digital(VFTV.exe)が起動している場合は、タスクマネージャから終了させる。
net.USBを起動して、HDLP-Gに接続したポータブルHDDを認識させる。
Giga Pocket Digitalを起動し、録画先のドライブがnet.USBのドライブ名に設定する。
Giga Pocket Digital(VFTV.exe)をタスクマネージャから終了させる。
net.USBを終了する。
無線LANを無効にする。
VAIO本体をスリープ状態にする。
有線LANとアンテナケーブルをVAIO本体へ接続する。

前準備のポイントとしては、まずGiga Pocket Digitalの録画先をnet.USBになっている事を録画前に明確に確認する事です。これは、録画先が固定ドライブではないので、使用状況によりすぐにCドライブに戻ってしまっている事が多々あるからです。

また、Giga Pocket Digitalとnet.USBを終了させておくのは、録画開始前にタスクマネージャによって起動させるようにセッティングしているからですね。

無線LANを無効にしておくのは、ウチのLAN環境では有線・無線とも同一セグメントのIPが付与されるからです。同一セグメントに2つ足を伸ばすのはよろしくないので、録画時には無線LANを無効にしているのですが、この辺りは環境次第で。

ここまでの環境整備で、今のところ安定して録画が成功しています。

予約に合わせて、タスクマネージャに3つもタスクを登録するのが面倒です。ただ、1つのタスクには複数のトリガーが設定できるので、毎週録画などの帯録画であれば、一度設定すればよいだけです。
欠点としては、単発録画の場合は設定が面倒なのは変わらないのと、番組開始時間のスライド(野球放送延長など)には、対応できない点です。

また、1回のセッティングで複数の番組録画をしたい場合が想定されていない点もダメですね。

net.USBとGiga Pocket Digitalを停止するタスクを挟むか、1つ目と2つ目の録画の間は、VAIOを起動したままにしておけば可能だと思うのですが、今後の検討課題ですね。

まあ、最大の欠点は、ここまで読んでみてお分かりかと思いますが、「こんなことしなくちゃならないなら、いらないよ」という点ですかね(笑)

やっぱり、こういう試行錯誤や、仕込み自体を「楽しめる」人でないと、やらないでしょうねぇ。
スポンサーサイト
VAIO | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<SONY デジタル一眼カメラ NEX-5 先行予約エントリーしました | ホーム | VAIO Fシリーズ net.USBによるGiga Pocket Digitalの録画保存先の変更>>

コメント

始めまして。
VAIO F 良いレビューですね。
私もVAIO F クリエイティブエディションを同時期に購入しました。

giga poketの画質やレスポンスには全く期待していませんでしたが、
まあ画質はキレイだし、PCでながら見出来るなんて感動です。

しかし基本性能が事足りていても、レスポンスは最悪ですな、拡大縮小、編集画面なんてまあ酷い....。
外付けHDDに対応していなければ録画なんてする気になれませんね。

ビデオ編集の操作なんですが、PLOTさんはチャプター削除は正しく出来ますか?
所謂チャプター区切りによるカット編集の事ですが、チャプターを削除しても、指定した映像自体が消えず、ただ単に区切りマーク情報が消えるだけで。
削除って映像を部分消去する機能ではない?
2010-04-12 Mon 19:52 | URL | 10nail [ 編集 ]
10nailさん>

コメントありがとうございます。

Giga Pocket Digitalの操作レスポンスは、良くないですよね。また、ソフトが起動するまで、めっさ時間がかかるのも不満です!

さて、ビデオ編集なのですが、2つのチャプターで区切った間を映像の削除は、私もできてないですね。必要な区画を「お気に入り区間」として情報を保存して、メディアへの書き出しの際に、その区間だけを書き出す事は、可能のようです。

ホント、しょっぱい仕様ですねぇ。
2010-04-13 Tue 01:06 | URL | PLOT [ 編集 ]
>>2つのチャプターで区切った間を映像の削除は、私もできてないですね
そうですか~、公式サイトも情報系サイトのレビュー
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0912/17/news022_2.html
も明らかに、「チャプター間の映像を削除出来ますよ!」的な事を書いてますよね。

NECは出来るみたいで、giga poketには相当ガッカリです。
SONYの言うカット編集
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/Solution/GigaPocketDigital/feat3.html#A02
ってなんなんでしょう?
ホントしょっぱい!

お返事ありがとうございました~。
2010-04-13 Tue 19:18 | URL | 10nail [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。